RAH

この4月からRAH(ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー)http://www.homoeopathy.ac/
の4年生に進級する。最終学年だ。来年の今頃はきっと卒業して、ホメオパス認定試験に向けて勉強している・・・はず。ホメオパシーの勉強というのは、レメディの特性はもちろんのこと、病理・解剖・生理や、どのレメディがどの臓器に作用するのか、クライエントの霊的な背景にはどんなことがあるのか等、膨大な知識をとにかく覚えて、さらに人間に対する深い洞察力と直観力もなければいけない。ほんとに大変な学問なのだ。私のように記憶力の弱い人間は、覚えたり理解するのには他の人より努力が要る。そうして理解した知識を実際に使いこなせるようになるにも、やはり相当努力が要る。私は昔、医者になろうと思った時期があったが、優秀なホメオパスになることの方が、西洋医学の医者になるよりもずっとずっと険しい道のように感じる。
なので・・・、はい、努力します。