過ぎ行く2008年に寄せて

新しい年を迎えるということは、今年のつらかったこと、苦しかったことに引きずられていた気持ちを明るいほうへ切り替えるチャンスをいただく、ということでもあります。嬉しいことであれ悲しいことであれ、私も毎年何らかの大きな出来事に必ず見舞われます。ですから、年末には自己内観し心を整理する時間をとります。きっと、セラピールームにいらしてくださった方々もそうした年末を過ごしているのではないでしょうか。
 
昨年までは、クライエントの方おひとりおひとりから頂いた年賀状にお返事を差し上げておりましたが、来年からは、このブログ上でのご挨拶とさせていただきます。どうぞご了承くださいますようお願い申し上げます。
 
人には、必ず転機が訪れるものです。半分あきらめていても心のどこかで真摯に求め続けていれば、必要な時に必要な人との出会いも訪れます。そうした良き人との出会いが運命を方向づける礎となることがあります。
 
今年出会ったたくさんの方へ、感謝をこめて。
 
雪の降る東北にて。