慎重に、大胆に。郡山(福島県)で。

郡山に来ています。2月3日に、セラピールームのある長野県南牧村でマイナス26℃を記録したそうです。そのときは既に郡山に来ていたので、残念ながら(?)-26℃は体感できず。それを知らない友人から、「生きているか~!!??」と絶叫メールが届きまして(笑)、そこにはいないと言ったら、残念がられました。あはは。-20℃までは体験済みです。-12℃あたりを越えると、-20℃も同じだったので、-26℃も、あまり変わらないべなー(福島弁)。
そんな八ヶ岳と比べたら、郡山は南国です。熱帯です。郡山でのセラピー場所をどうするかとあれこれ考えを巡らせている最中です。一番いいのは、最低、車2台分は駐車できるような土地を買って、小さな気持ちのいいセラピールームを作ることなんだなー。それができたら、いっちばんいい。催し物も開けるスペースにもなり、クライアント様たちが集える場所にもなるし。問題は、購入資金と、まだ原発事故の影響下にあり、今後もあり続ける場所で、セラピールームを建設することで背負うであろう様々なリスクです。はじめから採算は考慮外です。というか、採算が取れないのをわかった上で、リスクを背負う覚悟ができるかどうかを、自問自答しているといったほうが正しいね~。
ただ、もう、人生80年としたら半分はゆうに越えているわけだし、この先、私の感覚としたら日本中どこにいようと、リスクの種類は多少違っても、福島と同等かそれ以上のリスクはあるので、焦点をあてるべきは、自分が何をして後悔するのか、何をしないで後悔するのか、ということを、しっかり見極めることかなと思っています。
生き方は、選べる。
結論はまだ出ませんが、慎重に大胆に考えます。
とにかく今年は宝くじを買います。(落ちはそこか?!)