東日本大震災から5年

あの日から、もう5年が経つのですね。
5年前の3月11日、私は長野にいました。その翌年からの3月11日は福島で過ごしてきました。そして5年後の3月11日は、京都に。
福島からは遠く離れていますが、昔から「祈ること」が生活に根付いている土地に滞在し、時間があるとぶらぶら神社仏閣を訪れ合掌する日々を送っていると、ふしぎと自分の心の原点に戻る行為を繰り返しているような気持ちになります。心のなかに、清められたフラットな地平を見るような感覚です。きっと昔から、人はこうして心の平穏と安らぎを得ていたのではないでしょうか。
5年前の3月11日から、心が苦しい日々を送っていたり、身体的に辛い日々を送っている方々に、どうかこれから幸せが訪れますように。心の平安が訪れますように。
この5年で、あなたの生活はどんなふうに変わったでしょうか。
そんなに変わらないという人は意外と少ないのではないでしょうか。高校生は大学生になっていますし、大学生は社会人になっています。私たち中年も含めて、大人や老人たちの身辺にも変化が起きているのではないかと思います。
それほど5年という月日は大きい時間です。私は震災後に父を亡くしてから、海外に行くことに意識が向いたのですが、その矢先に、最も日本的な場所である京都という土地に引っ張られる出来事が起こりました。八ヶ岳という場所も、何の縁もゆかりもない場所ではあるのですが(苦笑)、京都という土地も同様です。なのに、去年、下鴨神社に詣でてから、「ここへ戻れ」といわれた気がしてしまったのです・・・・・・。理由も全くわからないし、アホみたいですが(笑)。ただ、自分のそうした感覚にはついていこうと思っています。
人生は短いです。
やりたいことがあるのなら、そして行動できる状態ならば、行動していくべきだと思います。