ヒプノセラピー・前世療法

前世での言語と、生きていた時代について

昨日、『奇跡体験! アンビリバボー』という番組を見ました。ある日本人女性の催眠療法中の様子が収録されていました。催眠中、女性は、昔ネパール人の男性として生きた経歴をネパール語で話されていました。女性は、ネパールへ行ったこともなく、ネパール語を学んだこともないそうです。番組では女性の前世の人物と思われるネパール人男性の痕跡を探すべく、ネパールへの取材も敢行されましたが、生存していたと思われる年代に、渦中の男性が生きた証拠は得られませんでした。
 
この番組を見ていた皆さんは、どう感じましたか?  私はとても面白かったです。
私の場合も、前世療法の途中から、或いは最初から、母国語と違う言語を話し出すクライアント様は何人かいらっしゃいました。そのほとんどは英語でしたので、途中から英語でのやりとりになることもありました。こういうときのクライアント様は、非常に滑らかなネイティヴのような発音でスラスラと話されます。私はといえば、拙い英語を駆使して一生懸命セラピーを続けるのです。
 
ほかにも、日本人としては発音が難しい言語を話そうとされて、「難しくて発音できない」と言い、日本語にして話されるクライアント様や、催眠中だけなぜか外国人が話すような非常にたどたどしい日本語に切り替わるクライアント様などもいらっしゃいます。セラピー後に理由を尋ねると、聞いたことも話したこともない言語が口をついて出そうになるものの、発音がうまく出来なかった、とおっしゃいます。
私自身も、こうしたクライアント様と同じ経験をしています。催眠中に、聞いたことのない言語が聞こえてきて、意味もわかるのですが、話そうとするとうまく話せないのです。今だに、あのとき自分の聞いた言語が何語なのかわかりません。
 
ふしぎですね。
 
さて、前世で生きたと思われる年代についてですが、番組では女性の語りに合致する年代に特定して検証した結果、前世での人物を確定することはできませんでした。
前世で生きた年代については、これまでのセラピーの経験上、誤差がかなりあるという印象を持っています。中には、本当にご自分が語った年代ぴったりに生きていたそれらしき人物を見つけたクライアント様もいらっしゃいますが、50年程度の誤差は許容範囲だと感じています。人によっては100年程度のズレも見るべきかもしれません。私達だって、時々、今年は何年だっけ? とわからなくなることがありますよね。それと同じです。前世の自分たちも、生きている間は、それほど年代を意識していないと推察されるからです。古い時代に生きていた方はなおさらではないでしょうか。
 
セラピー後、実際に前世療法で見た国へ行ってご自分の痕跡を調べたクライアント様もいらっしゃれば、文献等に当たって調べた方もいらっしゃいます。前世療法の最中にご自分が語った年代のみに絞るのではなく、やや幅を持つことで、興味深い結果が得られたというご報告を頂くのです。
 
ともあれ、前世を探るというのは、スリリングでミステリアスな世界旅行に出るようなものです。前世が実際に在るのか無いのかは、今世を終えてみないと誰も知ることはできないのですから。

 

眠っちゃ、イヤ

夏休みのお知らせはこちら。

ええと・・・、セラピールームでは、今、ちょっと困ったことが起きています。
この八ヶ岳にヒブノセラピーを受けにみえるクライアント様が、みなさん、なぜか、眠ってしまうのです・・・。
三鷹のセラピールームでもたま~に眠ってしまう方はいらっしゃったのですが、確率にして数パーセントでした。なのに、セラピー場所を八ヶ岳に移したとたん、100パーセントの方が眠るのだわ、これが。
セラピストとしては、クライアント様をリラクゼーションに誘導しはじめてまもなく、様子を見て、「やばいなあ」と感じます。手の指がピクピクしたり、呼吸にかすかな雑音が入り始めると、完全に睡眠モードです。ですので、毎回、クライアント様を起こしながら睡眠から催眠へ移行させていくという手順を踏んでいます。

ご遠方から見える方が多いせいなのかなあ、移動の疲れが出るのかなあ、と最初のうちは思っていましたが、どうもそれだけではないようです。単純に、気持ちがいいみたいなんですね、ここが。緑の匂いにあふれているし、私の声と鳥の声と風の音しかしないし、嘘みたいに涼しいしで、眠るには最高の環境なんですわ、確かに。一気に緩むのでしょうね。それは心身にとってすご~く幸せなことです。

でも・・・。
お願い、寝ないでくれ~(笑)。なんでみんな寝ちゃうんだよ~。
ま、起こしてますけどね。 毎回目
〈これからお越しになるクライアント様へ〉
・平地と比べ、約10度気温が低いです。必ず上着をご持参くださいね。

 

ヒプノセラピー・ホメオパシー

前世療法後の内面の変化について、画家の中嶋しいさんがご自分のブログに書いてくださっています。
http://yaplog.jp/shii-nakajima/archive/514
 
前世療法に限らず、ヒプノセラピーを受けた後には、思いのほか速い意識変化や気づきが訪れるようです。いつのまにか○○になっている、という風に、ごく自然な形で変容がなされるのが特徴かもしれません。
  
どの療法もそうですが、ヒプノも、セラピストの数だけセラピーの方法論があります。ひとりひとり、違ったセラピーの方法を展開しているはずです。部分的な共通項はあるにせよ。
 
ところで、ヒプノセラピーが使える領域は広いので、心療内科に通院されている方もお越しになります。ホメオパスにもなった今だからこそ、過去の自分のセラピーについて感じることがあります。重い鬱や何度も自殺を図るような深いトラウマを解消しようとするとき、従来のヒプノセラピストだけの自分は臓器摘出の有無や重い病気で損傷した臓器のことは、セラピーの対象にはしていませんでした。ですが、今になってみると、そうした身体のトラウマから来ているとしか考えられない鬱状態も確かにあったのです。臓器そのものや臓器のトラウマに目を向ける、という視点は、ホメオパスになって得られたものです。
 
数年前まだ私がホメオパシーを勉強していない頃、何十年にも渡る重い鬱の方が見えたことがありました。もちろん、薬を山のように摂られており、同時に過去に臓器の重い損傷もありました。そのときに、この視点があったのなら、そこで臓器に対するレメディが出せていたなら、と今でも悔やまれます。
 
トラウマ解消のセラピーとして、ヒプノが強力な方法であるという認識に変わりはありません。ただ、最近の傾向として、非常に複雑なトラウマを抱えた方や心療内科に長年通った末に見えるクライアント様が続いているため、自分の中で、ヒプノセラピーの方法論そのものを更に変化させていかなければいけない時期に来ているのを感じずにはいられません。従来の方法では、パワーが足りないと感じるのです。

 
長年に及ぶ心の深いトラウマの解消だけに限っていうなら、私はホメオパスでもありますが、ホメオパシー単独よりもヒプノセラピー単独の方がスピードも深さも勝ります。これはあくまでも現在の感触だとお断りしておきますが。ホメオパシーとヒプノセラピーを併用するには、留意すべき点があることも、だんだんわかってきました。相性のいい療法ですが、配慮が要るのです。臓器摘出など身体的なトラウマがある場合や、今世だけでなく前世からの心身のトラウマが幾重にも絡み合っていると想定される場合は、特にです。
(こんな風に感じるのは、ホメオパスとしてよりもヒプノセラピストとしてのキャリアが断然長いせいかもしれません。もし、逆のキャリアだったならば、別の感覚を得ていたかもしれませんね)

人は、本当に辛いときには、人の力が要るのです。
だから、セラピストはパワフルに自分の全能力を使ってヒプノを進化させていかなければいけないでしょう。セラピスト自身の問題もすべて解決されていなければなりません。でないと、クライアント様に引きずられますし、何よりも、深いトラウマのあるクライアント様は、目の前のセラピストに自分を任せられるかどうかを、瞬時に感じるものなのです。
 
どんな療法も、進化していきます。私のヒプノセラピーの方法論も、ここに来て大きく進化させていく時なのだと感じています。幸い、クライアント様のおかげで、それも出来つつあります。方法を創造し構築していく作業は先人たちの知恵も紐ときながらのことなので苦しいですが、好きですし、楽しいです。セラピー中は右脳優位になりますが、この過程では、左脳を専ら使います。
意外でしょ?
 
 
 
 
 
 
 

月刊『宝島』4月号(宝島社)に掲載されました

no-title

今日発売のビジネス雑誌『宝島』4月号(宝島社・480円)に、ヒブノセラピストとして掲載されました。
〈彼女のオーラに癒されたい〉という特集記事の中です。
私は仕事を終えて先ほど書店へ行き、掲載誌を手に取ったところでして・・・、予想外のドアップ写真にショックを覚え食欲がなくなりました。宝島社さん、大丈夫なのでしょうか。売れ行きに影響はないのでしょうか。心配してしまいます。
その記事をここに載せる勇気はないので、書店で見かけたら手にとってみてください。

臨時休業のお知らせ&ご予約状況

<臨時休業のお知らせ> 
5月26日付けの記事でお知らせしましたように、6月22日~6月30日まで、臨時休業いたします。この期間に頂くメールへのお返事には2~3日かかりますことをご了承ください。
 
<7月のセラピーご予約状況>
7月22日までいっぱいです。
三鷹・八ヶ岳共に、セラピーは7月23日以降になります。ご希望の方は、7月23日以降のご希望日でお申し込みくださいね。
 
どうぞよろしくお願い申し上げます!

ご予約受付再開のお知らせ

お待たせいたしました。

セラピーご予約受付を再開いたします。6月中は、以下の日時のご予約が可能です。いずれもメール到着順のご予約になります。セラピー場所は、三鷹(東京)です。22日~30日までは臨時休業いたします。ちょっと休養してきます。

また、7月のご予約(三鷹と八ヶ岳)も既に受け付けております。
〈6月〉19:
8 日 10:30~  16:00~  19:00~
11日 10:30~  16:00~  19:00~
12日 10:30~  16:00~  19:00~
13日  10:30~  16:00~  19:00~

今日、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)主催のホメオパス認定試験の2次試験を受けてきました~! ようやく終わった~! という開放感に浸っています。 でも、2月頭にRAHの卒業試験を受けてからこの5月の認定試験までは実に3ヶ月半以上もあったので、ずぅ~~っとモチベーションが下がりっぱなしでした・・・。卒業試験が終わったら、一気にやる気が萎えてしまったのです。燃え尽き症候群っていうんでしょうか。A4用紙40枚にもなった一次試験のケーステイク(五人の方を治癒へ導いた治療記録)は、 身に余るような高い評価を頂いたので、嬉しくてコメントを何度も何度も読み返したのですが、それなのに、マテリアメディカを勉強しようという気が全く起きなくて、本当に困りました。

ともあれ、10日後には今日の認定試験の結果がわかります。合格なら、通知を受け取った日からホメオパスとして活動できます わーい(嬉しい顔)
これからホメオパスとしてのHP作成やら活動計画やらにとりかからねばなりませんが、それも楽しみのひとつです。なぜか、試験を終えたら、がぜんやる気がでてきました。この心理は、奇妙ですね。

しかし。6月半ばには、英国ホメオパシー医学協会(HMA)のホメオパス認定試験が控えているので、また試験用にモチベーションを保ち続けなければなりません。自分で選んだこととはいえ、「もーー 試験は やだ~! !  ! 」

 

 

6月のセラピーご予約について

5月2日付けのブログでお知らせしましたように、現在、6月中旬以降のご予約受付を一時的にストップしております。セラピーご希望の方にはご不便をおかけしており、大変申し訳ございません。詳しいことは、5月2日付の記事をご覧ください。現在、6月上旬までご予約で埋まっております。ご予約受付再開のお知らせは、このブログ上でいたします。もうしばらくお待ちください。
 
(キャンセル待ちをご希望の方へ)
ほとんどキャンセルは出ないという状況です。多少先のご予定になっても、ご予約を入れていただいたほうが確実ですので、ご予約受付再開後に改めてご連絡をいただけると幸いです。

セラピー料金は、現行のまま据え置きいたします。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
 

6月のセラピーご予約について(大切なお知らせ)

ヒプノセラピーご予約希望の方へ、大切なお知らせです。
5月中は、既にご予約で一杯になってしまいました。
 
6月は、私事ですが、中旬~下旬に行われる英国ホメオパシー医学協会(HMA)のホメオパス認定試験を受験する予定でおりまして、その受験日がまだ決まらないため、本日をもちまして、6月中旬以降のセラピーご予約受付を一時ストップいたします。

受験予定日が判明するのが6月上旬のはずですので、わかり次第、このブログ上でご予約受付再開のお知らせをいたします。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。
 
6月上旬のセラピーご予約可能日は、現在、以下の日時を残すのみとなっております。ご希望の方は、お早めにご連絡をくださいね。両日とも、三鷹(東京)でのセラピーになります。
 
6月2日 ①10:30~  ②16:00~  ③19:00~
6月3日 ①10:30~  ②16:00~  ③19:00~ 
 
また、セラピー料金ですが、6月末までの料金を7月も継続いたします。