ホメオパシー

声と鼻水とレメディ

珍しく、風邪っぽい症状になりました。私の場合、まず喉がやられて、声が出なくなります。熱も咳もほとんど出ません。珍しく、というのは、数年前に一度全く声が出なくなったことがあり、その間は、セラピーをこちらからキャンセルさせていただきました。その時のクライエントの方々には、本当にご迷惑をかけてしまいました。ですので、絶対に同じ轍を踏まないようにと、かなり気をつけてはいたのですが、朝起きたら、突然喉が乾燥した感じで痛くて、声もかすれて出にくくなっていたのです。数年前と同じ症状です。

焦りました。とにかく、レメディを飲みまくりました。だって、声が出なかったら、セラピーはできないのですから。今回は、レメディが功を奏して、声は少しハスキーですが、無事にセラピーを継続できています。使ったレメディは、主にSpongです。Spongは、「粘膜の乾燥」がキーワードで、気管と肺と心臓に作用し、乾燥から突然かすれ声になる症状もカバーしてくれます。咳やくしゃみをすると、肺が痛かったので、肺を守るためにも選択しました。乾燥、というとBryですが、Bryは今回は効果があまり感じられませんでした。
 
そんなわけで、声は無事ですが、翌日には、鼻水に困りました。卵白様の水っぽい鼻水です。私はセラピーに入るとなぜか鼻水がぴたりと止まるので、気づいたクライエントの方はいないと思いますが、実は鼻汁ずるずるだったのです(笑)。セラピーが終わると、垂れて垂れて困りました。鼻かみすぎて小鼻は赤むけみたいになるし(スパジリックCクリームが良いです)。で、このタイプの鼻水はいつもはNat-mで止まるのに、今回は全く駄目で、Ars-iを試したら、止まりつつあります。Ars-iは、鼻水の酷い花粉症のレメディでもあります。SCIO測定では、私の根本体質はいつもIodと出ます。SpongにもArs-iにも、Iodが含まれているので、それらが速やかに作用したのは、なるほど、興味深いなぁ。
 
ペットボトルの水には、Echinacea Pet 07のチンキを10滴垂らして飲んでいます(なぜペット用かというと、犬を飼っていたため、ペット用のチンキが残っているので)。このチンキは、炎症・発熱止めとして、また激しい咳にも良いものです。
 
その後、声ですが、しゃべりすぎたら、またかすれて喉が痛くなりまして、だから今度はArg-n とArg-mをマシンでコンビネーションにして摂りましたら、数分後には痛みがなくなり、声嗄れも良くなりました。Arg-nは棘が刺さっているような私の喉の痛みに合うし、Arg-mは喉頭に作用し、しゃべりすぎて声が嗄れてひりひり痛む喉によく作用するレメディです。この両方とも、銀のレメディです。SCIOで調べたら、ミネラルとして私には銀が足りない、と出ていたので、ヒットすること間違いないだろう、と思いました。
 
そんなわけで、この3日間はレメディを体験しまくりました。RX Influ も、Gels(頭も痛くて重くて顔も赤みがかっていたりしたため)も摂りましたよ。数年ぶりに、体を大掃除した感じです。 レメディで治すと、体は内側から元気になってきます。それを実感できるのも、レメディの素晴らしさだと思います。
 
それから、急性病のときはビタミンCが大量消費されますので、果物かサプリでしっかりビタミンCを補給しましょう。

 

空気が乾燥しているので、皆さんも気をつけてくださいね。
 
 
 
 

病院とホメオパシー、そして「森庭ひかる」として

11月5日、病院の中に、ホメオパシーセンターが開設されます。いつかこのように病院と提携できる日がくることを待ち望んでいましたので、実現して、本当にうれしい限りです。
病院は、千葉県八千代市の「恵仁会 セントマーガレット病院」です。代替医療の統合医療の本格的導入に取り組んでおられる病院です。相談会担当ホメオパスは、RAH学長の由井寅子先生、そして片桐航先生です。由井先生は、言わずとしれた、世界的に超有名なホメオパスです。
片桐先生の無料講演会も開催されますので、お近くの方は、ぜひ足をお運びください。
詳しくは、http://www.homoeopathy.co.jp/ をご覧ください。
 
もうひとつ、ホメオパシー関連のお知らせです。
11月11日まで、有楽町阪急1Fに、ホメオパシーのショップ「MY LOHAS SHOP」がオープン中です。限定の商品もあるそうですので、お時間のある方は、覗いてみてくださいね。こちらも、詳しいことは、上記サイトをご覧ください。
 
これは私の経験ですが、ホメオパシーを知らない医師にホメオパシーを理解してもらうのは、非常に困難です。先日、ホメオパシーを知らなかった友人の男性医師と喧嘩しそうになりました。友人関係を壊したくはないし、でも頭からホメオパシーを猛攻撃するその姿勢は耐えられないし、という板ばさみの状態になったのです。ホメオパシーの超微量の法則や人体のバイタルフォースの働きなどを話せば話すほど、科学者としては理解不可能に陥ったようです。予想はしていましたが。
 
私たちホメオパシーに携わる者は、現代医学の良さも理解しているし、必要性も認めています。一方、ホメオパシー療法の基盤となるものは世界中で古来から伝えられてきました。その方法論が今のように確立される前から人類は知らず知らずに同種療法を使用してきたのです。実績もあります。ホメオパシー理論が理解不可能だからという理由で、批判・弾圧するのではなく、人類の英知の財産のひとつとして理解しようと心を開いていただければと願っています。
 
地球上には、様々な植物・動物・鉱物が存在しています。音や光や色も。それらがレメディとなって人を治癒へ導くのは、ごく自然なことではないでしょうか。人も、それらと同様、地球に存在するもののひとつなのです。だから、人も動物たちも、元々、自然界にある物質たちで治癒できる能力を持っていたはずです(ホメオパシーは動物たちにも人同様に作用します)。私は拙著『前世療法でわかったアトランティスとムーの真実』(ペンネーム・森庭ひかる)の中で、ムー大陸のことをあまり詳しく書きませんでしたが、拙著を書き終えた後、自己催眠で再びムー大陸へ行きました。催眠中に見たムー大陸の医療は、まさにホメオパシーそのものでした。
批判を承知の上で、ここに書いておきたくなりました。
 

ヒプノセラピーとホメオパシーの違い

このブログと、セラピールームの旧サイトに掲載したように、私は12年以上連れ添った2匹の愛犬を続けて亡くしました。そのとき、ヒプノセラピストとして自分を催眠誘導し、二匹の愛犬の魂に会いにいったことは、上記のサイトでもお伝えしてきたとおりです(現在のセラピールームのサイトへの記事転記はまだですが)。正直いって、これはかなり辛い作業でした。悲しみの真っ只中にいるクライエントとしての自分を、冷静にセラピストとして誘導していくのですから。そんな私を助けてくれたのは、ホメオパシーのレメディたちです。
 
ホメオパシーを勉強しようと思った理由はいくつかありますが、そのうちの大きな理由は、愛犬を亡くした後の自分を救うために、レメディが必要だと感じたからです。ショックやトラウマを受けたときに使うレメディを、粒のまま摂ったり、水ポーテンシーにして、毎日摂りました。レメディの素晴らしい点は、その瞬間に口に入れるだけでよいことなのです。心が引き裂かれるような衝撃のピークにいるときは、セラビストを探す気力さえ起きないのが普通です。そして、事故や怪我の時も、レメディをすぐに摂ることで、回復のスピードが格段に上がります。こうしたことは、ヒプノセラピーではできません。ヒプノセラピーが効果を上げるのは、心にほんの少し余裕ができてきたときです。つまり、衝撃のまさにその瞬間ではなく、自分を助けたい、セラピストを探そう、という意志が生まれたときなのです。
 
ただ、レメディもヒプノセラピー同様に、人によって処方されるものです。ホメオパシーの素晴らしさはわかっているのに、ホメオパシーから離れていってしまう方のお話をきくと、担当ホメオパスと信頼関係が結べなかったといいます。ヒプノセラピーとホメオパシーに共通している点は、ここです。どちらを受けるにしても、自分自身のプライバシーを話さなければなりません。ヒプノよりも、ホメオパシーの方が、実は、ずっとシビアなのです。
 
どの職業でもそうですが、信頼されるに足る人間になることが、ホメオパスとしても求められることなのでしょう。
 
 

虫さされ・蜂さされと化粧品

この時期、蚊に刺されたときの私の対処法です。言わずもがな、すべてホメオパシー関連商品による対処です。私も、ホメオパシーを知る前は、キ○カンやム○などを塗りまくっておりましたが。
現在は、以下のものこんなふうに使用します。

 

まずは、サポートHist(とらのこ会員のみ購入可能)。私はレメディはこれだけを使います。 
実は、去年、八ヶ岳で、友人がスズメバチに刺されました。頭や体など、数箇所も刺されたのです。刺された直後に電話で連絡を受けたので、すぐに、手元にあった「サポートHist」と「Apis」と「Led」を届けて、とにかくリピートしてもらいました。救急車が到着するまでに40分以上かかる場所です。たくさん人が集まって大騒ぎでしたが、友人は、結局、病院へは行かずにレメディだけで乗り切ることができました。
そんなことがあったので、今年は、2回目に刺された時用に、別なレメディも準備してあります。上記の友人は、当日中に業者さんに巣を除去してもらったのにも関わらず、なんと翌日にも残党の蜂に刺されてしまいましたが、レメディで乗り切って無事でした~。本当によかった。でも、刺されたら危険ですので、皆さんは病院へ行ってくださいね。
 
で、蚊に刺されたときの続き。上記の「サポートHist」を摂りつつ、患部には、「スパジリック ゲル Tu」を塗ります。人によっては、「スパジリック ゲル C」が合う場合もあります。

この「スパジリック ゲル Tu」と「スパジリック ゲル C」を、私は化粧品としても愛用しています。たまに、何の化粧品を使っているのかと聞かれることがあるので、ついでに紹介しますね。面倒な手入れはしない(というより、性格上、とてもできない・・・)ので、「スパジリックローション フェイス」後、「スパジリック ゲル Tu」または「スパジリック ゲル C」を1プッシュして顔や首に伸ばす。これだけです。秋~冬になって乾燥してくると、ゲルを、「スパジリックビー C」へ変更します。この「スパジリックビー C」は、とても重宝します。山の超乾燥した寒さの中でも、飛行機の中でも、肌はしっとりしたままなのです。化粧水が乾かないうちに化粧水で伸ばすようにして塗ると、よいです。
気分によっては、「スパジリック 乳液フェイス」も使ったりします。
  
ご参考まで。

日本ホメオパシー医学協会の学術大会

7月26日(土)10:00~17:00、社会文化会館/三宅坂ホール(地下鉄有楽町線 永田町下車 2番出口徒歩3分)にて、JPHMA認定ホメオパスによる学術大会が開催されます。人・動物を含めた難治性疾患(アトピー、自閉、多動、癌、アレルギー、自己免疫疾患、精神疾患など)のホメオパシーでの治療症例や研究成果を発表する、いわばホメオパスの祭典です。
 
今年は、一般の方々も参加できますので、ホメオパシーでどのような治療実績があるのか、その治療経緯はどのようなものなのか、なぜ医学が進んでいるのにこれほど難病が増加しているのか等、病気やホメオパシー療法に興味を持っている方にとっては、その実例を知る大きなチャンスだと思います。おそらく衝撃を受ける内容のはずです。一般の方の参加費は、6000円です。詳しくは、http://www.jphma.org をご覧ください。
 
 
 

QX-SCIO

QX-SCIOとは、ホメオパシー治療で補助的に使うこともある生体エネルギー測定&修正システムのこと。詳細を知りたい方は、ネット検索してみてね。QX測定をすると、身体の中の状態だけでなく精神面の情報も得られる。だから、ホメオパスにとって、QXは心強い相棒のようなものだ。
先日、生まれてはじめてスクールの友人にQX測定をしてもらった。ひどく疲労している状態がデータとして出てきた。確かに。過去に自覚のないまま、いろんなインフルエンザにかかっていたことも、わかった。へぇ~。ストレスで副腎が影響を受けていること、頭頂チャクラの使い過ぎだということ、運動不足、etc・・・。これって、究極の個人情報ではないかしらん。とにかく、予想をはるかに超えるものすごい機器だということはよーくわかった。価格だって、高級車一台分だもの。はぁ~。でも、QXが使えたら、今後仕事をしていく上で、とても心強いだろう。それは間違いない。でも、QXを買うと、10万キロ乗っている車の買い替えができない・・・。
悩んでいたら、ますます疲れてきた。もう寝ようっと。

シュウ酸カルシウム結石

膀胱結石(シュウ酸カルシウム)のある愛犬タビの膀胱のレントゲンを撮りに先日病院へ行ってきた。3月のブログで書いたように、石がだいぶ排出されたので、ちょっと期待して行ったのだが、結果は、まだあった、結石が。レメディを与えて2ヶ月弱で大きな期待をするのは、ちょっと気が早かった。ただ、新たに石ができていないので、排出された分だけ石は少なくなっていた。「男の子でも排出されるのねぇ~」と驚いたのは獣医さん。意外だったようだ。前回あった潜血反応は、全く気にしなくてもいいレベルへと変化。そして、前回出ていたタンパク尿がなくなった!! これは嬉しい。臓器サポートを続けた成果だろう。結石は、尿道に詰まってしまうのが怖い。尿毒症を起こし命の危険にさらされるのだ。そうなったら、レメディでは対応できず、緊急で病院へ駆け込むしか手はない。
レメディを与えていると、いろんな反応が出てくる。タビの反応で目立ったのは、鼻炎だ。はじめは心臓性と思われる唸りも伴っていたので、Am-c(炭酸アンモニウム)を与え、大分よくなったと思ったら、唸りを伴わないくしゃみ鼻水に変化していった。鼻が赤くなったりしていたので、炎症を起こしていると思い、Ferr-p(リン化鉄)とAll-c(赤タマネギ)を与えたところ、治癒した。それでもくしゃみ鼻水が止まらなかったら腫瘍の可能性も考えなければいけない(以前に腫瘍を患ったことがあるので)と思っていたので、ほっとした。こうして、治療中に出てきた症状にも、レメディで次々に対処をしていくのがホメオパシーなのだ。

話がわかりそうな獣医さんなので、思い切ってホメオパシーのことを言ってみた。獣医さんはホメオパシーのことを知らなかったが、病院で働いているスタッフが知っていた。こうなると話が早い。
当のタビは、病院が大嫌いで、先生と話をしている間も、とにかくものすごい力で引っ張り、渾身の力で病院から逃げようとする。よほどなのだろう、引っ張りすぎて、激しく咳こんでしまった。心臓に負担がかかってしまった。ごめんよ、タビ。

タビのご飯は、去年からすべて手作りしている。心臓弁膜症と結石症のある子にとっては、使ってもいい食材が正反対のものになるので難しいが、基本はやはりバランスのいい食事だと思う。結石症にリスクのある食材は極力避けるが、あまり神経質になると使える食材がなくなってしまう。
病院へ行ってきた日は、ご褒美に、いつもより少しだけ鶏肉を足した。鶏肉は、抗生剤など一切不使用で亜麻仁油を飼料に混ぜて育てられたもの。取り寄せているが、ここの鶏肉だけは、私も気持ち悪くならずに食べられる。
もちろん、タビは目を爛々とさせて食いついていた。

RAH

この4月からRAH(ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー)http://www.homoeopathy.ac/
の4年生に進級する。最終学年だ。来年の今頃はきっと卒業して、ホメオパス認定試験に向けて勉強している・・・はず。ホメオパシーの勉強というのは、レメディの特性はもちろんのこと、病理・解剖・生理や、どのレメディがどの臓器に作用するのか、クライエントの霊的な背景にはどんなことがあるのか等、膨大な知識をとにかく覚えて、さらに人間に対する深い洞察力と直観力もなければいけない。ほんとに大変な学問なのだ。私のように記憶力の弱い人間は、覚えたり理解するのには他の人より努力が要る。そうして理解した知識を実際に使いこなせるようになるにも、やはり相当努力が要る。私は昔、医者になろうと思った時期があったが、優秀なホメオパスになることの方が、西洋医学の医者になるよりもずっとずっと険しい道のように感じる。
なので・・・、はい、努力します。

八ヶ岳とホメオパシー

お彼岸なので、お休みをとって八ヶ岳に戻ってきた。車窓から雄大な八ヶ岳がみえるといつも、「ああ、帰ってきた~」と安心する。どんなに長く東京で暮らしても、私には東京は行く場所であり八ヶ岳は帰る場所なのだ。これは永遠に変わらないだろう。
八ヶ岳はまだまだ白銀の世界だ。膝まである雪靴で庭を歩き、去年亡くなった愛犬のノリタマのお墓に手を合わせてから、野鳥やリスのための餌台にひまわりの種をザザーッと流し入れる。ここに通年暮らしていたころは、春になると、長く厳しい冬を一緒に越冬した動物たちにいとおしさと同士のような感情を覚えたものだ。リスの子育ても間近で見た。なにせ、リスが家の軒先から断熱材を食い破って壁の中に巣を作っていたので・・・。懐かしいなぁ。もしかすると、今もいたりして?
ここに戻ると、ノリタマの双子犬で13才になるタビも元気になる。タビは4年前に肥満細胞腫の手術をしたが、去年その再発と思われるしこりを数箇所見つけた。また秋には心臓の僧帽弁閉鎖不全症と心臓肥大がわかり、先月には膀胱結石が判明した。4年前は私はまだホメオパシーを知らなかったが、現在はRAHの学生なので、それらのすべての病気をホメオパシーでも治療している。しこりは現在はほぼ消滅し、一安心。咳などの心臓の症状も出なくなっている。結石は、2月にレントゲンで撮ってもらったら10個くらい入っていると言われたが、今までに確認できただけで11個の石がスムーズに尿中に排出された。去年アニマルコースを終了していて本当によかった。愛犬を自らの手でケアできることが何よりうれしいのだ。でもこれは、ノリタマの闘病と死からたくさんのことを教えてもらったためでもある。ノリタマ、ありがとね。
膀胱結石といっても何種類かあるけれど、タビのはシュウ酸カルシウム結石だ。
東京にいるときには、散歩の帰り道にさしかかったとたん尻尾をだらんと垂れて牛歩になり、しまいには動かなくなってしまうタビが、八ヶ岳に戻ると、別犬のように帰り道もスタスタと歩く。尻尾も形よく丸まったままだ。タビよ、ほんとに貴方は正直ね。そういえば、野生動物のフンを見つけてここぞとばかり目を輝かせ、すばやく食べていた。ウサギのだったかな。
いろんな病気を持っていても、どんなに寒くても、やっぱり好きな場所にいるのが幸せなのだろう。タビが最期までタビらしく生きられるように、私は精一杯手助けするからね。